プロの手を借りよう

精神的な苦痛を受けたときの賠償を請求する事を慰謝料請求といいます。結婚相手からの不貞行為により慰謝料を請求したいと考えた場合にはどのような手順を踏めばいいでしょうか。

慰謝料の請求慰謝料の請求は、プロの手を借りずに行うこともできます。確かに不貞行為の相手に自分で慰謝料請求をすることも可能です。賠償内容と金額を検討し、書類を作成して内容証明で郵送すれば、一応手続きはしたことになります。でも、相手に無視されて思うように慰謝料を請求できないことが多くあるのです。当事者から慰謝料を請求されても「慰謝料を請求された」というインパクトは薄くて、あまり効力のある手段だとはいえません。

そこで、法律の専門家である弁護士に依頼して、慰謝料の請求を代行してもらうことが効力のある手段ではないでしょうか。しかし、普段から法律事務所をよく利用する方はそう多くはありませんので、法律相談の敷居の高さを感じられる方も多いはず。その場合は、まずは弁護士事務所が設定している無料相談制度を利用すると良いでしょう。初回の無料相談を設けている事務所も多いです。その後は、比較的安心していられます。弁護士が、当事者に替って話を進めてくれます。慰謝料を請求した相手にも慰謝料を払わなければいけない。という意識付けも行うことができますので安心していられるのではないでしょうか。